「家庭だんらん法」に言い換え指示=「残業代ゼロ法」で舛添厚労相

9月11日13時1分配信 時事通信

 舛添要一厚生労働相は11日の閣議後記者会見で、一部事務職を割増賃金の支払い対象から外す「日本版ホワイトカラー・エグゼンプション制度(WE)」について、「名前を『家庭だんらん法』にしろと言ってある」と言い換えを指示したことを明らかにした。その上で、「残業代が出なければ、早く帰る動機付けになる」と評価、働き方の改革の一環として取り組む考えを示した。

 WEは厚労省が先の通常国会での法制化を目指していたが、「残業代ゼロ制度」と批判を浴び法案提出を見送った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-11 13:01 | 政治  

<< マレーシア政府、鳥インフルの終息宣言 日本経団連御手洗ビジョンに揺ら... >>