首相辞任・識者談話

2007/09/12-19:15 時事通信

◇八方ふさがり「政治的自殺」

 ジャーナリスト鳥越俊太郎氏の話 相次ぐ不祥事に八方ふさがりになってしまい、逃げ道を失ったことが原因の「政治的自殺」。だが、このタイミングにはぼうぜんとする。なぜ参院選直後ではないのかと誰もが驚き、不思議がっていると思う。まるで砂場遊びに飽きた幼稚園児がおもちゃを投げ出して帰ってしまったよう。お坊ちゃまだ。「美しい国」と言うが、その死に際はまったく美しくなかった。一方で、小泉バブル選挙で極端に振れていた政治を正常に戻すチャンス。野党は手加減なくやるべきで、解散総選挙を探らないといけない。

◇自民に政権運営能力ない

 政治評論家森田実氏の話 安倍首相は衆院本会議直前に辞意表明した。困難が多く精神的に落ち込み、闘争能力が衰えてしまったことを見ても、そもそも政治的資質に欠けている。閣僚の不祥事は人を見る目がなかった証拠。そういう人物を首相にしたのは自民・公明のミスだ。もう自民党は政権運営能力がなくなっている。ひどいことをやった内閣はあるが、この内閣は戦後最低。こういうときこそ、野党に潔く政権を譲り、与野党協力して安定政権をつくる見識と才覚が必要だ。(了)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 19:15 | 政治  

<< 週刊現代が「安倍首相の脱税」疑... 米、デモ拘束者に人権団体との面... >>