<安倍首相辞任>後継総裁は19日選出 候補に麻生幹事長ら

9月12日21時51分配信 毎日新聞

 安倍晋三首相は12日午後2時、首相官邸で緊急に記者会見し「総理の職を辞すべきだと決意した」と述べ、辞任する考えを明らかにした。首相は参院選惨敗後、内閣改造による政権立て直しを図っていたが、臨時国会でテロ対策特措法の延長問題の展望が開けないことなどから、政権維持は困難と判断したとみられる。首相の辞任表明を受け、自民党は直ちに後継総裁の選出手続きに着手、両院議員総会での党所属議員と都道府県連代表による投票で後継総裁を選出することを決めた。執行部は14日告示、19日投票の日程で調整しており、後継候補には麻生太郎幹事長らの名があがっている。

 記者会見で首相は「局面を転換して、新たな首相のもとで『テロとの戦い』の継続を目指すべきだ」と述べ、臨時国会でテロ対策特別措置法の延長問題の展望が開けないことを辞任の理由に挙げた。「(参院選後も)改革を進めていく決意で続投し、内閣改造を行ったが、今の状況では国民に支持、信頼され、力強く政策を前に進めることはできない」と説明。「私が首相であることで、野党党首との会談もできない状況が生まれている。私がむしろ障害になっている」と述べ、テロ特措法問題をめぐる民主党の小沢一郎代表との党首会談が断られたことも理由と語った。12日は衆院本会議で、10日に行われた首相の所信表明演説に対する与野党各会派による代表質問が予定されていたが、首相の辞任表明を受け急きょ中止された。

 首相の退陣表明を受けて自民執行部は後継選びに着手。麻生氏は「あまり時間をかけられない」として党則に基づき、党大会にかわる両院議員総会で選出したいとの方針を示し、了承された。この後、総裁選管理委員会は総裁選を「14日告示、19日投開票」とする日程を確認した。13日の総務会で了承を求める。

 麻生氏自身は記者会見で「まだ答えるのは早すぎる」と自身の出馬についてコメントしなかったが、後継候補として名乗りを上げるとの見方が強まっている。このほか、福田康夫元官房長官、谷垣禎一元財務相らの動向も焦点。中堅・若手の一部には、小泉純一郎前首相の再登板を期待する声も出ている。最大派閥の町村派、津島派、古賀派などは対応を協議したが、結論を出すには至らなかった。

 安倍首相は7月の参院選での自民党惨敗にもかかわらず、続投を決断。政権立て直しを懸け8月27日に内閣を改造したが、遠藤武彦前農相が補助金の不正受給問題で辞任に追い込まれた。参院の与野党逆転を受け、10日召集の臨時国会では、海上自衛隊の給油活動を継続する新法案の成立が困難な情勢に。首相は9日、シドニーでの内外記者会見で、給油活動を継続できなければ退陣する考えを示していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-12 21:51 | 政治  

<< 「迷惑を被るのは国民」突然の退... やしきたかじん、安倍首相を「器... >>