<毎日世論調査>安倍政権「評価しない」が74%

9月13日3時6分配信 毎日新聞

 毎日新聞が7~9日に実施した全国世論調査(面接方式)で、過去1年間の安倍政権を「評価しない」と答えた人は74%に上り、「評価する」は22%にとどまった。首相のやったことのうち、間違っていたと思うものは「政治とカネ問題や閣僚の失言への対応」が44%で最も多く、次いで「参院選後の続投」の20%。内閣支持率が30%台に低迷していることに加え、政権の実績への評価が低い点も早期辞任を促したとみられる。

 「評価しない」と回答した人を支持政党別に見ると、野党支持層は民主91%、共産92%、社民88%などと高率で、「支持政党なし」と答えた無党派層も80%。一方、与党支持層でも自民が51%、公明が59%に上った。

 年代別では20代が80%で最も高く、30~50代はいずれも78%、60代が69%、70代以上が61%で、若中年層で厳しい評価が目立つ。男女別では男性76%、女性71%だった。

 首相のやったことについては「良かったと思うもの」「間違っていたと思うもの」をそれぞれ五つの選択肢を用意して質問。「良かった」は(1)「天下り規制など公務員制度改革」24%(2)「年金記録漏れ問題への対応」23%(3)「教育基本法改正など教育再生の取り組み」15%(4)「中国、韓国との関係改善」13%――の順。首相は憲法改正を政権の目玉に掲げたが、「改正手続きを定めた国民投票法制定」は7%にとどまった。

 「間違っていた」は、「閣僚の失言などへの対応」「参院選後の続投」以外は、「郵政民営化に反対した議員の復党」13%、「国民投票法制定」7%、「教育再生の取り組み」4%だった。

 10の選択肢を用意して「首相に必要な資質」を尋ねたところ、(1)政策実行力30%(2)決断力28%(3)先見性18%――の順。昨年9月の小泉政権時代の同じ質問への回答と比べ、決断力が7ポイント増、先見性が6ポイント増。安倍首相には決断力と先見性がより求められたことがうかがえる。【中山裕司】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 03:06 | 政治  

<< <安倍首相辞任>麻生氏が後継出... <キヤノン>栃木労働局が是正指... >>