安倍首相辞任 霞が関・官庁街に衝撃「緊急事態」「青天の霹靂」

9月13日8時1分配信 産経新聞

 安倍晋三首相の辞意表明は、東京・霞が関の官庁街にも大きな衝撃を与えた。安倍改造内閣で留任した甘利明経済産業相は記者団に対し、「首相は(温暖化対策で)国際的な取りまとめ役として高い評価を得ており、非常に残念だ」と語った。そのうえで「これは緊急事態だ。自民党は結束し、迅速に開かれた方法で新総裁を選ぶ必要がある」と指摘した。

 また、冬柴鉄三国土交通相は「驚いたし、青天の霹靂(へきれき)だ。私はまだ国交相であり、(仕事は)分秒も停滞させてはならない」と強調した。

 一方、若林正俊農水相は「農水相を受けていただきながら迷惑をかけてしまった」と安倍首相本人からおわびの電話があったことを明らかにした。そして「総理の判断を受け止め、新しい体制ができるまで責任を果たしていきたい」と述べ、大詰めを迎えている世界貿易機関(WTO)の新ラウンド交渉などの引き継ぎを慎重に進める考えを示した。

 ただ、安倍首相が辞任しても野党が参院で多数を占める「ねじれ」には変化がない。このため、経済官庁の幹部は「新たな首相が事態を打開できなければ、衆院の解散に追い込まれる可能性もある」として政治空白を懸念する。

Links:関連記事
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 08:01 | 政治  

<< 真紀子節さく裂「議員も辞めるべ... 室蘭大谷高で参議の橋本さんが5... >>