国連会合、退陣表明前に欠席伝達=週明けの段階で覚悟?-安倍首相

9月13日10時1分配信 時事通信

 【ニューヨーク12日時事】国連本部で今月24日に行われる気候変動に関するハイレベル会合について、安倍晋三首相が退陣表明の24時間以上前の米東部時間10日(日本時間10~11日)、「内政運営上の理由で出席できない」と国連側に伝達していたことが12日、分かった。首相は週明けの段階で、政権運営をめぐり重大な決断を下す覚悟を固めていた可能性がある。

 モンタス事務総長報道官や国連関係者が明らかにした。それによれば、欠席の意向は首相官邸から電話で事務総長室に直接伝えられた。首相はハイレベル会合への出席に前向きとみられていたが、唐突な欠席通知となった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 10:01 | 政治  

<< <安倍首相辞任>米国内で「対日... 体力の限界 突然の決断 >>