「首相は全身が衰弱」慶応大学病院会見

9月13日19時51分配信 産経新聞

 安倍晋三首相が入院した慶応義塾大学病院(東京都新宿区)は13日午後、記者会見を開き、安倍首相の症状や治療方針などを説明した。主治医の日比紀文教授との1問1答は次の通り。

 「食欲不振などの症状があり、全身的に非常に衰弱している。体重もこの数カ月で、約5キロ減少した。(今年行った)内視鏡検査では胃と腸に異常はなかったが、機能に異常があるため、『機能性胃腸障害』が悪化していると考えられる。数週間前に急性腸炎にかかり、治りが悪くて現在の症状を重くしている可能性がある。入院、安静加療が必要と判断した。この病気は肉体的疲労、精神的ストレスの関与が少なからず認識されている。午後の自民党両院議員総会に出席を希望していたが、私は医学的に無理と判断した」

--入院期間は

 「症状の推移によるが、少なくとも3~4日の入院がよい」

--いつごろから症状が出ていたのか

 「1カ月以上前から、食欲不振や胃もたれなどの症状が弱い状態だが始まっていた。急性腸炎のときに一時的に下痢があった。この数日間に3回ぐらい診たが、非常に疲れが進み、食欲が落ちていた」

--治療方法は

 「機能的な異常を治すために、胃もたれの薬、胃の酸の分泌を抑える薬などが中心となる。精神的ストレス、肉体的疲労を取るのが理想だが、なかなか難しい」

--首相の職務を果たすのに支障はあるか

 「普通の読み書き、思考力はあるが、ずっと緊張状態を続けることは少し難しいのではないかと、今日は判断した」

--入院について首相の反応は

 「午後の会議に出席したかったので、残念だったのではないか」

--今日の処置は

 「症状を聞き、血圧、脈拍、体温などを診た。食欲が落ちていたので、点滴で水分を補給した」

--外科的な治療は必要になるのか

 「外科的な治療はありえないと思っている」

--周辺に睡眠障害を訴えていたという話もある

 「『眠りが浅い』と言っていた。軽い睡眠誘導剤みたいなものを飲んでもらったこともある」



安倍首相は機能性胃腸症=入院「少なくとも3、4日」-「全身衰弱」・病院側会見
9月13日15時1分配信 時事通信

 辞任を表明した安倍晋三首相は13日、東京都新宿区の慶応大学病院に入院した。病院側は同日午後、記者会見し、首相の容体について「胃や腸の機能が悪化している」として機能性胃腸症と診断したことを明らかにした。「少なくとも3、4日か数日」の入院が必要としている。

 病院側は「胃や腸には内視鏡検査ではっきりした異常はない」としながらも、「全身的に非常に衰弱している。体重も数カ月で約5キロ減少している」と説明。「機能性胃腸症が悪化していることが考えられる」と語った。さらに「数週間前にウイルスによると思われる一過性急性胃腸炎にかかった。これが現在の症状を重くしている可能性がある」とし、「入院、安静加療が必要と判断した」と述べた。

首相「胃腸機能に異常、入院3・4日」…慶応病院・担当医
9月13日14時57分配信 読売新聞

 安倍首相の病状について、慶応病院は午後2時から記者会見し、担当医師は、「胃や腸の機能に異常が見られる。機能性胃腸障害だ。胃や腸に内視鏡による目に見える異常は見られない。肉体的な疲労や精神的なストレスの関与が認識される。少なくとも3、4日入院するのがいい」と述べた。

<安倍首相>胃腸障害で最低3~4日の入院必要…慶大病院
9月13日14時36分配信 毎日新聞

 辞任表明した安倍晋三首相を検査した慶応大学病院(東京都新宿区)は13日午後、記者会見した。主治医の日比紀文内科学教授は「首相は全身が衰弱している。体重も数カ月で約5キロ減った。機能性胃腸障害で、ひどくなると日常生活に支障をきたす」と説明し、「少なくとも3、4日の入院、安静加療が必要だ」と述べた。

 首相は同日午前、同病院で検査を受けていた。首相は同日午後の自民党両院議員総会に出席したい意向を伝えたが、医師団が無理と判断したため、取りやめた。

安倍首相は「機能性胃腸炎」 担当教授が会見
9月13日14時31分配信 産経新聞

 辞任表明した安倍晋三首相は13日午前、東京都内の慶応病院に入院した。同病院の日比紀文消化器内科担当教授は同日午後の会見で、首相の病名について「機能性胃腸炎」と発表した上で「胃や十二指腸に機能的な障害がある」と述べた。

 また、与謝野馨官房長官は同日午前の会見で、「今朝、医者が『疲労がピークに達している』として、設備が整った病院に行って検診を受ける必要があると判断した」と説明。首相臨時代理を置く可能性について「話はそこまでいっていない」と述べた。

 ただし、職務遂行が困難な場合には、次の内閣が発足するまで任命順位トップの与謝野氏が首相臨時代理を務めることになる。与謝野氏は「医師は始終首相公邸に来て、首相の健康を管理していた」と明らかにした。

 首相周辺によると、首相は7月下旬の参院選後に体調が悪化。8月後半のアジア歴訪や今月上旬のオーストラリア訪問に加え、遠藤武彦前農水相の辞任などで心労が重なり、アジア歴訪前から点滴を打って公務に当たる日々が続いていた。

安倍首相が入院へ=昨夜も点滴
9月13日13時5分配信 時事通信

 辞任を表明した安倍晋三首相は13日午前、都内の病院に入院する。政府筋が明らかにした。首相は12日午後に辞任を表明。与謝野馨官房長官は首相の辞任理由について「仕事と健康の両立で深い苦悩の中にあった」と体調不良も一因と指摘していた。首相は同日夜も首相公邸で点滴を打った。

安倍首相が病院で検査=「疲労ピーク」入院の可能性
9月13日13時5分配信 時事通信

 辞任を表明した安倍晋三首相は13日午前、都内の慶応大学病院を訪れ、検査を受けた。与謝野馨官房長官は記者会見で「首相は体調不良につき検査、健診を受けている。健診の結果、医師が入院、加療が必要と判断すれば入院する」と述べた。

 また、与謝野長官は「けさ(首相公邸で首相を診た)医師が『疲労がピークに達している』と判断し、設備が整った病院で健診を受ける必要があると最終的に判断した」と説明。さらに「医師は始終、公邸に来て首相の健康を管理していた」と明らかにした。

 さらに与謝野長官は、首相が予定している同日午後の自民党両院議員総会への出席に関しては「入院、安静が必要と医師が判断すれば出席は難しい」と語った。首相臨時代理を置く可能性については「話はそこまでいっていない」と述べた。これに関し、政府高官は首相の容体について「オン・アラート(警報発令)という状況にはない」と述べた。

安倍首相が入院 東京・慶応病院
9月13日12時48分配信 産経新聞

 政府関係者によると、体調不良で東京都内の慶応病院で精密検査を受けていた安倍晋三首相は13日、入院した。

 与謝野馨官房長官は13日午前の会見で、首相の体調に関して「今朝、医師が『疲労がピークに達している』として、検診を受ける必要があると判断した。検査をもとに医師が必要と判断すれば入院する」と発表。首相臨時代理を置く可能性については「話はそこまでいっていない」と述べていた。

 首相周辺によると、首相は7月下旬の参院選後に体調が悪化。8月後半のアジア歴訪や今月上旬のオーストラリア訪問に加え、遠藤武彦前農水相の辞任などで心労が重なり、アジア歴訪前から点滴を打って公務に当たる日々が続いていた。

<安倍首相>治療受ける東京・慶応病院、報道陣が殺到
9月13日11時34分配信 毎日新聞

 電撃的な辞任から一夜明けた13日、安倍晋三首相は体調不良を訴え、病院に入った。同日午前10時40分ごろ、安倍首相を乗せたとみられる黒塗りのハイヤー約4台が連なって慶応大病院(東京都新宿区)に入った。

 「首相が病院に入る」との情報に約50人の報道陣が集まり、上空にはヘリコプターが飛び交った。ハイヤーは正面入り口にいったん停まったものの、裏門に回った。ハイヤーを追いかけ、駆け出す報道陣を見て、病院に訪れていた人は「いったい何が起きたのか」「もしかして安倍首相? 病気の報道がされていたよね」と口々に話した。

 同病院は「一切お答えできない」(秘書課)と話している。

<安倍首相>辞任表明から一夜明け病院に 胃腸の内科的治療
9月13日11時33分配信 毎日新聞

 12日に辞任表明した安倍晋三首相は13日午前、首相公邸を出て東京都内の病院に入った。首相は8月下旬のアジア3カ国訪問ごろから体調が悪化しており、胃腸の内科的治療という。

 与謝野馨官房長官は同日午前の記者会見で「首相は体調不良につき検査・検診を受けている。医師が入院が必要と判断すれば入院する」と発表した。首相周辺も「とりあえず検査する。入院するかどうかは分からない」と語っている。

 首相の健康問題を巡っては、与謝野長官が12日の記者会見で「常に首相は自分の健康が厳しい日程、精神的な重圧に耐えられるかを吟味しながら今まで進んでこられた」と説明、辞任の理由の一つになったと述べていた。

 13日は午後3時から自民党両院議員総会が予定されているが、首相は出席を取りやめる。

安倍首相、慶応病院で消化器系の検査
9月13日11時16分配信 読売新聞

 安倍首相は13日午前、首相公邸を出発し、東京・信濃町の慶応病院に到着した。

 消化器系の検査を受け、そのまま入院するかどうか判断する。首相は胃腸に持病を抱えているとされ、与謝野官房長官らは病状の悪化が退陣理由の一つと説明していた。

安倍首相、検査のため慶応大学病院に
2007年09月13日10時55分 朝日新聞

 安倍首相は13日午前、体調不良のため、東京都新宿区の慶応大学病院に検査に訪れた。首相周辺によると、検査結果によっては、そのまま入院するが、首相は同日午後の自民党両院議員総会に出席したい意向を示している。

 与謝野官房長官は12日の記者会見で、首相の辞任の理由のひとつとして、首相の健康状態の悪化をあげていた。

安倍首相が病院へ
9月13日11時2分配信 産経新聞

 政府関係者によると、安倍晋三首相が13日午前、体調不良のため、都内の病院で診察を受けることが分かった。入院するかどうかは不明。

 与謝野馨官房長官は12日、安倍首相の辞任の理由に体調不良を挙げていた。

安倍首相、きょう午前慶應病院に入院
9月13日10時36分配信 読売新聞

 安倍首相は13日午前、東京・信濃町の慶應病院に入院する。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 19:51 | 政治  

<< 安倍首相退陣、北朝鮮も報道 2年目も入場者伸びず 香港ディズニー >>