小泉「再登板」求める動き 中川、棚橋両氏ら要請

2007年9月13日 01時06分 中日新聞

 自民党内では12日、小泉純一郎前首相の「再登板」を求める動きが表面化した。中川秀直前幹事長は同日、小泉氏に総裁選出馬を求めた。

 また、棚橋泰文元IT担当相ら若手議員は同日夜、小泉氏に出馬を求める31人分の署名を集めた。13日にも小泉氏に手渡す予定だ。棚橋氏はこれに先だって12日、都内で小泉氏と会談し、立候補を要請した。

 首相辞任後も「次の首相にふさわしい議員」を選ぶマスコミ各社の世論調査で高い支持を集めるなど小泉氏が根強い国民的人気を持っていることが背景にある。

 中川、棚橋両氏の働き掛けに対して小泉氏は慎重な姿勢を示したが、棚橋氏は「再登板を求める声が大勢になれば立候補してもらえる可能性はある」とみてあらためて要請する方針だ。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 01:06 | 政治  

<< 後継の軸、麻生氏「ホホホ…」 ... 首相動静(9月12日) >>