<自民総裁選>神奈川県内で独自に「予備選」…河野氏ら4人

9月13日21時53分配信 毎日新聞

 自民党総裁選に向け、神奈川県の自民党衆院議員4人がホームページなどで、自分の投票する候補を決めるため県内の党員を対象にした「予備選」を行うことを明らかにした。今回は党員投票が実施されないため、「できる限り民意を反映させたい」との狙い。

 「予備選」の実施を表明しているのは、河野太郎(神奈川15区)、亀井善太郎(同16区)、山内康一(同9区)、福田峰之(同8区で落選、比例南関東ブロックで復活)の4氏。それぞれの選挙区内の党員1500人前後にはがきなどで投票してもらう。亀井氏は「緊急事態であっても党員の権利行使の機会を奪うべきではない」と話している。

 神奈川県連も代表者3人の投票先を決めるための党員投票を実施する方向で調整している。【山下修毅】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 21:53 | 政治  

<< 英紙、社説で「日本の発言力が失... <社民党>次期衆院選目標、2ケ... >>