テロ特措法反対に異論=民主・前原氏

9月13日23時1分配信 時事通信

 民主党の前原誠司副代表は13日のCS放送の番組収録で、テロ対策特別措置法の延長問題に関し「(アフガニスタンでの)『不朽の自由作戦』は、国連決議に基づいたものではない。ただ、それ(国連決議)がすべて正しいという前提で物事を判断するのはいかがなものか」と述べ、海上自衛隊のインド洋での給油活動継続の是非は、国連決議の有無だけを判断材料にすべきでないとの考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-13 23:01 | 政治  

<< 安倍首相も資金パーティー=05... 英紙、社説で「日本の発言力が失... >>