安倍内閣支持率、平均36%=歴代8位の水準-時事世論調査

2007/09/14-15:18 時事通信

f0013182_23205924.gif 時事通信社が7日から10日にかけて実施した9月の世論調査によると、安倍内閣の支持率は25.5%で、内閣改造前の前回調査より2.9ポイント上昇した。首相退任時の支持率としては歴代11位。在任中の平均は36.46%で、記録のある池田内閣以降では8位だった。年金や「政治とカネ」の問題などで批判を浴び、7月の参院選で歴史的な惨敗を喫した割には高めだった。

 安倍晋三首相就任後初の昨年10月調査では、安倍内閣の支持率は、発足直後では歴代4位の51.3%を記録した。52歳の戦後最年少、初の戦後生まれの首相という「清新さ」や日中関係の改善などに期待が集まったとみられる。しかし、郵政造反組の自民党復党をきっかけにダウン。その後も政治とカネの問題や失言で閣僚辞任が相次いだほか、年金記録漏れ問題が直撃。全体としては下降傾向に歯止めが掛からなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-14 15:18 | 政治  

<< 温首相と27日会談=新政権への... ヒンズー神の化身、「実在の証拠... >>