官邸のラスプーチンが小泉氏秘書を辞職

2007年09月14日 23:59 スポニチ

 小泉純一郎前首相の“懐刀”と呼ばれた飯島勲氏が小泉氏の秘書を辞めたことが14日、分かった。安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選にあたって飯島氏らの出馬要請に小泉氏が応じなかった上、飯島氏と不仲とされる福田康夫元官房長官を推す姿勢を示したことが要因とみられる。

 秘書を辞めたのは小泉氏が福田支持を表明した13日付で、14日は事務所にも出勤していないという。

 飯島氏は小泉氏の初当選直後から秘書を務め、小泉氏のメディア戦略などを一手に担ってきた。小泉氏の首相就任に伴い秘書官に就任。田中真紀子元外相の更迭で小泉氏の意向を受け、田中氏の説得にあたって脚光を浴びるなど、そのらつ腕ぶりから「官邸のラスプーチン」などの異名をとった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-14 23:59 | 政治  

<< 経団連の会員企業、政治献金26... 台湾ウナギを国産偽装? 宮崎の... >>