福田氏に「気迫と情熱」足りない=麻生氏が批判-自民総裁選

2007/09/15-00:15 時事通信

f0013182_4511641.jpg 自民党総裁選への出馬を正式表明した麻生太郎幹事長は14日の記者会見で、対立候補となる福田康夫元官房長官の政治家や指導者としての「資質」を批判するなど、早くも対抗心をむき出しにして支援を訴えた。

 麻生氏は、福田氏が父の福田赳夫元首相の地盤を引き継いで政界入りした経緯に触れ、「政治家になりたくてなったわけではない人だ」と指摘。その上で「こういう非常事態の時は、もっと気迫とか情熱を持った者でないと(総裁としては)難しいのではないか」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-15 00:15 | 政治  

<< 日韓の牛肉輸入規制で調査開始=... 経団連の会員企業、政治献金26... >>