アジア各国から排出権、国が直接取得・環境技術を供与

9月14日 07:00 日本経済新聞

 政府は来年度から、インドやマレーシア、中国などアジア各国の政府との間で、環境技術を供与する代わりに二酸化炭素(CO2)の排出権を直接取得する新しい取り組みに乗り出す。これまでは商社などから購入していたが、京都議定書の目標達成が厳しくなっているため、排出権取得を加速する。

 このほどインド、マレーシア、インドネシアと事務レベルの話し合いを始めた。この3カ国とは8月に温暖化対策の関係強化で合意しており、具体的な枠組みづくりを急ぐ。中国とは8月に発電所の省エネ技術などを提供する見返りに、排出権を取得することですでに合意している。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-14 07:00 | 政治  

<< 「柔道じゃない」、斉藤監督も激... 深刻さに退任直前まで気付かず=... >>