安倍首相、入院加療を継続=「今週いっぱい」と担当医が診断

9月17日21時1分配信 時事通信

 機能性胃腸症で都内の慶大病院に入院中の安倍晋三首相は17日夕、担当医の診察を受け、「容体に変化がないため、今週いっぱい入院した方がいい」と診断された。このため、入院しての加療を続けることになった。政府関係者が明らかにした。




安倍首相、入院継続へ 病院「容体に変化なし」
2007年09月17日18時46分 朝日新聞

 安倍首相は17日午後、入院中の東京・信濃町の慶応大病院で診察を受けた結果、当面は入院を継続することになった。18日に予定されている閣議にも出席しない。首相周辺によると、病院側から「容体には変化がなく、今週いっぱいは入院した方がよい」との見解が伝えられたという。

 首相は辞意表明の翌13日に入院。病院側は「3、4日の入院が必要」と説明していた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-17 21:01 | 政治  

<< 不倫直撃、レームダックに 「道... ミャンマーで僧侶が軍政抗議デモ >>