与謝野氏が首相を見舞い

9月15日8時1分配信 産経新聞

 与謝野馨官房長官は14日、東京都内の慶応大病院に入院中の安倍晋三首相を訪れ、閣僚連名の見舞状を手渡した。与謝野氏によると、首相はベッドの上で起き上がり、普段と変わらない様子で受け答えしていたという。

 与謝野氏が国際協力銀行などの人事について、首相の退院後に判断を求めたいと伝えると、首相は「それで結構です」と返答。与謝野氏は「できるだけ早く戻ってきてほしいが、(退院時期は)医師と家族によく相談した上で判断してほしい」と伝えた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-15 08:01 | 政治  

<< スー・チー氏のNLD、軍政に対... 2000匹のマグロ水揚げ 鹿児... >>