公明、冬柴国交相の留任要請へ

9月19日 07:02 日本経済新聞

 公明党は25日にも発足する新内閣の人事で、自民党新総裁に冬柴鉄三国土交通相の留任を求める方針を固めた。冬柴氏は安倍晋三首相が先月末に実施した内閣改造で留任した。在任期間が短いうえ(1)総裁選後に国会審議が再開(2)決めたばかりの党内人事は替えない方が得策――との判断がある。

 自民党総裁選に出馬した福田康夫、麻生太郎両氏とも閣僚交代は「小幅」の意向を示しており、新首相も冬柴氏の国交相留任を受け入れる見通しだ。冬柴氏は昨年9月に同党幹事長を退任、安倍内閣で国交相として初入閣した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-19 07:02 | 政治  

<< 官邸を去る特命官僚たち <自民総裁選>杉村太蔵議員、ブ... >>