安倍首相の「判断力に支障なし」

2007/09/18 18:13 産経新聞

 与謝野馨官房長官は18日の記者会見で、入院中の安倍晋三首相の容体について「判断力に支障が生ずることはまったくない。首相に判断をあおぐべき案件をいつでも決裁する態勢は整えている」との主治医の所見を発表した。これを受け、引き続き首相臨時代理を置かない方針も明らかにした。

 ただ、主治医の所見では「回復が顕著にみられる状況ではなく、点滴を行っている。十分な静養が必要だとの状況に変化はみられない」と、引き続き入院が必要な状態だとの見解も示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-18 18:13 | 政治  

<< 「安倍首相、判断力に支障なし」... 安倍首相退陣にがっかり 国連事... >>