アフガン決議案:国連の「謝意」に「考え変わらず」 民主

2007年9月19日 10時51分 毎日新聞 

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日午前、国連決議案にOEFへの謝意が盛り込まれたことについて、東京都内で記者団に「このことで民主党の考え方は変わらない。感謝を強要するというのは茶番だ」と述べた。

 小沢一郎代表は給油活動継続反対の理由として根拠となる国連決議がないことを挙げているが、鳩山氏は「国連決議の条件がクリアされればいいわけではない。事後的な決議では順序が逆という問題があり、結論を大きく変えることにはならないと思う」と語った。

 ただ、党内には「給油活動自体は継続すべきだ」(前原誠司副代表)との意見も残っており、党内論議が影響を受ける可能性はある。【大貫智子】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-19 10:51 | 政治  

<< 首相の辞意、麻生幹事長「自分以... アフガン決議案:支援延長、日本... >>