首相指名、参院は小沢氏確実…決選投票で共産など同調へ

9月20日13時47分配信 読売新聞

 民主、共産、社民、国民新の野党4党は20日午前、国会内で国会対策委員長会談を開き、25日に予定されている衆参両院での首相指名選挙について協議した。

 共産、国民新両党は、決選投票になった場合は民主党の小沢代表に投票するとの考えを伝えた。社民党も同調する方向だ。

 これにより、参院が小沢氏を首相に指名するのは確実となった。共産、国民新両党は1回目の投票ではそれぞれの党首に投票する。社民党は25日に方針を決める。ただ、憲法の規定により、衆院の議決が優先されるため、自民党の新総裁が新首相となる。

 首相指名選挙は、過半数の得票を得た候補がいない場合は決選投票を行う。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 13:47 | 政治  

<< NOVA経営合理化へ、9月末に... <NOVA>大規模な教室閉鎖を... >>