退院できたら安倍首相が国民におわび

2007年09月21日 スポニチ

 政府は20日、入院中の安倍晋三首相が退院後に、国会開会中の退陣表明で国政の混乱、停滞を招いたことを国民向けに陳謝する場を設ける方向で調整に入った。記者団の質問に答える形が想定されるが、「機能性胃腸障害」と診断された首相の病状は回復しておらず、早期に実現するかは不透明だ。与謝野馨官房長官は記者会見で「首相は政治家として活動を継続していくのなら、自らの言葉で説明する機会を持った方が正しい」と指摘した。首相は21日が53歳の誕生日。自民党総裁選での圧勝翌日だった1年前とはうってかわり、失意の病床で迎える“寂しきバースデー”になった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 12:00 | 政治  

<< <謝意決議>高須国連大使「ロシ... 台湾産ウナギを国産と偽装 宮崎... >>