世界に逆行?自民総裁選 若手へのバトン失敗

2007年9月21日 東京新聞

 福田康夫元官房長官の優勢が伝えられ、二十三日の投票を控え、盛り上がりに欠ける自民党総裁選。戦後最年少で日本のトップに駆け上がった安倍晋三首相は、任期わずか一年で政権を放り出し、総裁選は七十一歳の福田氏と六十七歳の麻生太郎幹事長の争いに。ところが、世界の政治リーダーを見渡せば、五十代前半が目立つ。なぜ日本は若手の政治リーダーが育ちにくいのか-。 (菊谷隆文)

 六月にドイツで開かれた主要国首脳会議(サミット、G8)では各国のトップ八人のうち安倍氏を含め五人が五十代前半。安倍氏は二十一日、五十三歳の誕生日を迎えた。

 「G8の面々には若さを感じる。安倍さんには期待していたんだが…」とため息をつくのは政治評論家の有馬晴海氏。

 「日本ではふつう、首相になるのに三十年ぐらいかかるから、首相になった時は六十歳前後。サラリーマンの定年が六十歳のせいか、『六十歳で頂点』という国民性があるのでは」と話し、全体的に海外よりも遅い傾向があると指摘する。

 一九九〇年代以降に首相に就任した九人のうち、六十歳前後が五人。宮沢喜一氏、村山富市氏は七十代だった。海外に目を向けると、ブレア前英首相は四十三歳で首相に就任。クリントン前米大統領は四十六歳、現在のブッシュ大統領も五十四歳だった。

 日本では若手リーダーが台頭しにくい理由を有馬氏は「結局はお年寄りが敬われているから。お年寄りが『まだ若いもんには負けん』と言うことが、肯定的に受け取られるでしょ。若い世代が出しゃばると、ライブドアの堀江貴文前社長のようにたたかれる」と皮肉を込めた。

 元参院議員でプロ野球解説者の江本孟紀氏は「年功序列社会の日本では若い人がリーダーになる場合は人気先行のため、実力があるかチェックしないことが問題」と語る。チームの成績不振で、退団を表明したばかりのプロ野球ヤクルトの古田敦也選手兼監督(42)を例に、「球団は人気重視で、二軍監督などを経験させることに真剣じゃなかった。閣僚経験のない安倍さんも人気だけで首相になった結果だ」と語る。

 「競争で勝ち抜いた人がリーダーになる欧米に対し、日本では集団をまとめる能力にたけている人がリーダーになるから」と分析するのは国際政治学者の山本武彦・早大教授。「G8の本当の姿は『G7プラス1』。それほど協調型リーダーの日本は異質」と言う。

 「自民党内で各派閥を調整する力が一番ある人が、総裁になることが多かった。世論を味方につけた小泉さん(純一郎前首相)の改革を引き継いだ安倍さんに注目したけど、党内をまとめる資質がなかった」と話す。

 戦後生まれ世代が政治リーダーになる主要国が増える中、日本は世代交代に失敗した。山本教授は「安倍さん同様、海外でも戦後生まれ世代の首脳は『自国の誇り』を強調し、国が右傾化する傾向にある」と、戦争を体験していない世代の危うさも指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 08:00 | 政治  

<< 北京市、来月からタクシー内禁煙... 米英、ミャンマーに国連特使訪問... >>