拉致解決は「不変の政策」=与謝野官房長官

9月21日19時1分配信 時事通信

 与謝野馨官房長官は21日午後の記者会見で、自民党総裁選の結果が拉致問題に与える影響について「拉致問題の解決が北朝鮮との国交正常化などの第一歩ということは、内閣が代わろうとも日本国政府の変わらざる政策だ」と述べた。与謝野長官は同時に「解決しなければならない到達点は一緒だが、その道行きはそれぞれの首相や外相の持ち味とか人生観によって左右される部分があるだろう」と指摘した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-21 19:01 | 政治  

<< <国連アフガン決議>露が批判声... 「チベット独立」落書きで中学生... >>