もっとマシな候補は他にいないのかと呆れた声

9月19日 ゲンダイネット

 自民党総裁選では、ちょっと前まで小泉前首相を担ごうとしていた小池百合子前防衛相が麻生幹事長、福田元官房長官の両候補といっしょに街宣車に上り、テレビカメラに映っていた。小泉チルドレンの代表、片山さつき衆院議員も福田の後ろで「ガンバロー」とかやっている。小池は都連の仕事らしいが、防衛大臣をブン投げ、安倍の足を引っ張ったひとりなのに、よくやる。片山も小泉担ぎ出しの中心だったのに、あっという間に勝ち馬に乗り換えた。信念よりも目立ちたがりや損得で動く議員のいかに多いことか。こういう議員に担がれている福田、麻生もロクなもんじゃない。福田なんて、小泉チルドレンにも、反小泉の古賀誠元幹事長や谷垣元財務相にもいい顔をしている。麻生は国民生活よりも、自分の都合で動き、政治空白を作った張本人だ。自民党はつくづく人材がいない。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 23:59 | 政治  

<< NOVA、都市部中心に教室閉鎖進む <識者の目>僧侶の影響力を恐れ... >>