首相のメッセージなし「安倍内閣メールマガジン」最終号を配信

9月20日(木) 08時50分 BNN

 昨年10月からスタート、週1度の配信は“第47号”でピリオド。

 安倍晋三首相が機能性胃腸症で入院してから1週間を経た20日、内閣広報室は、読者に「安倍内閣メールマガジン」の配信終了を伝える“最終号”のメールを送信した。

 9月13日に配信された「安倍内閣メールマガジン」(第46号)は、「改革、テロとの闘いを前に進めるために」のタイトルで首相が「私は、今、身を引くことが最善だと判断しました」などとする辞意のメッセージを伝えた。

 20日配信の“最終号”は「これまで、安倍内閣メールマガジンをご愛読いただきましてありがとうございました」などする無記名の挨拶文が記されているだけで、当然ながら入院中の首相のメッセージはなかった。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-20 08:50 | 政治  

<< 今年の台風 数少ないが、来襲率... 首相裏切り発言は謀略?安倍氏否定情報 >>