衆院解散、遅くとも来年夏には…民主・鳩山幹事長

9月22日19時25分配信 読売新聞

 民主党の鳩山幹事長は22日、北海道苫小牧市内のホテルで、「国民の審判を得ていない内閣は出来るだけ早く審判を受けるべきだ。小沢代表は『明日にでも(衆院を)解散しろ』という思いだ」と述べ、安倍首相の後継首相に対して早期の衆院解散・総選挙を要求する考えを表明した。

 次期衆院選に向けた自らの選挙対策本部発足総会のあいさつで語った。

 衆院選の時期については「我々が来年度予算の関連法案をストップさせれば、(新政権が)解散で信を問う可能性もある。(自民党は)北海道洞爺湖サミットまでは解散を延ばしたいのが本音だ。いずれにしても遅くとも来年夏あたりが解散・総選挙の時期になる」と述べた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 19:25 | 政治  

<< 独首相、ダライ・ラマと会談へ ... 米ナスダック、ロンドン証取株を... >>