<政党交付金>渡辺金融相、魚住副総務相が「自分」に支払う

9月23日3時3分配信 毎日新聞

 渡辺金融担当相(自民)と魚住副総務相(公明)が代表を務める政党支部がそれぞれ、政党交付金から親族企業や本人に対し、家賃や車のリース代を支払っていたことが分かった。税金が結果的に政治家側の収入になっている形だが、政治資金規正法上は違法ではなく、法の不備が浮かび上がっている。

[PR]

by deracine69 | 2007-09-23 03:03 | 政治  

<< <「福田新内閣」>官房・幹事長... ベスト電器株、ヤマダも買い増し... >>