「政治的没落」と北朝鮮紙 安倍首相退陣を論評

2007/09/22 22:47 産経新聞

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は22日、安倍晋三首相の突然の退陣表明に関連し「これは政策の完全な失敗と安倍首相の政治的没落を意味する」とする論評を掲載した。北朝鮮メディアが安倍首相の退陣について論評するのは初めて。

 論評は、安倍首相が外交政策で「既に解決した拉致問題やわが国の脅威論を取り上げながら」北朝鮮への敵視政策を「極度に強めた」と指摘。辞意表明は「無分別な改革のような反人民的政策と、(北朝鮮への)敵視政策がもたらしたといえる」と述べた。

 さらに23日の自民党総裁選では、福田康夫元官房長官が優勢と伝えられるとしながら「安倍首相の運命は、反動的政策を行えば必ず民心を失うことを示しており、日本の政治家はここに教訓を得るべきだ」と主張した。(共同)
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 22:47 | 政治  

<< 「福田vs麻生」対立なく…脱派... <鳩山幹事長>「イラク戦争に使... >>