<国連総会>首相、外相とも2年連続欠席 存在感かすむ

9月22日22時39分配信 毎日新聞

 政府は、国連総会で各国政府代表が25日から行う一般討論演説に、首相や外相の出席を見送る方針を固めた。同日に予定する組閣人事などの政治日程が重なるためだが、2年連続で国連大使が代理を務めるのは異例。町村信孝外相と森喜朗元首相を国連本部での国際会議に派遣するが、「国連軽視」との声も聞かれる。

 町村外相は22日、イラクとアフガニスタン閣僚級会合に出席するため、米国へ出発した。潘基文(バンギムン)国連事務総長とも会談するが、演説前の24日に帰国予定。気候変動に関する首脳級会合に参加する首相特使の森元首相も25日(現地時間)に国連総会に出席するが、演説を傍聴するにとどまる。

 演説は元首、首脳、閣僚、大使の序列順で発言するため、外相級以上が務めないと存在感が薄まるのが国際社会の常識。昨年も安倍政権の発足と重なり首相、外相ともに欠席した。政府代表として宮沢喜一元首相を特派した01年のように大物政治家の派遣も模索するが、今のところ「困難な情勢」(外務省幹部)だ。【中澤雄大】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-22 22:39 | 政治  

<< <鳩山幹事長>「イラク戦争に使... <フジモリ氏>ペルー側に身柄引... >>