安倍首相、24日夕に慶応病院で会見

2007年9月23日21時56分 日刊スポーツ

 都内の病院に入院中の安倍晋三首相は23日、国会開会中の退陣表明に伴う国政の混乱、停滞を国民に陳謝するため、医師の許しがあれば、24日夕に病院で記者会見する意向を固めた。25日に予定される安倍内閣総辞職のための閣議や首相指名選挙を行う衆院本会議にも一時的に病院を出て出席したい考えで、24日午前の診察後に最終判断する。

 与謝野馨官房長官が首相と面会後、官邸で記者団に明らかにした。与謝野氏は面会で、福田康夫元官房長官が自民党新総裁に選出されたことを報告。首相は結果を知っていたが、感想は述べず、25日の閣議に「ぜひ出たい」と伝えた。与謝野氏は記者団に、閣議出席の可能性は「極めて高い」と述べた。

 首相は退陣表明翌日の13日に「機能性胃腸障害」と診断されて入院した。ただ退陣会見で健康問題との関連に言及しなかったことに加え「国民への謝罪がなかった」(鳩山由紀夫民主党幹事長)との批判も踏まえ、謝罪、説明の場を検討してきた。




安倍首相、24日夕に病院で記者会見へ
09月23日 21:54 日本経済新聞

 慶応大病院に入院中の安倍晋三首相は24日夕に病院で記者会見し、突然の退陣表明の理由や体調などを改めて国民へ説明する方向で調整に入った。自民党総裁選の報告のため首相を訪ねた与謝野馨官房長官が23日、記者団に明らかにした。首相は25日の内閣総辞職のための閣議への出席も検討しており、24日午前の診察後に最終判断する。

 与謝野長官によると、首相は総裁選の結果への感想は一切語らなかったが「25日の閣議にぜひ出たい」との意向を示したという。首相は閣議や皇居での新首相の親任式には病院から一時外出して出席予定で、退院のめどは依然たっていない。

 首相は退陣表明した12日の記者会見では辞任理由を「政策を進めることが困難な状況となった」などと説明し、自らの体調不良には言及しなかった。野党などは突然の辞任で国政の混乱、停滞を招いたことへの謝罪がないと批判していた。


24日に会見で説明も=総辞職閣議出席へ-安倍首相
9月23日21時2分配信 時事通信

 安倍晋三首相は23日、入院先の都内の病院で与謝野馨官房長官と会い、自らの退陣表明について改めて説明するため、24日夕に病院内で記者会見したいとの意欲を示した。首相はまた、25日の内閣総辞職を決める閣議に出席する方向だ。

 会見は、首相の突然の辞任表明に「説明不足」との批判が出ていることを踏まえたもので、午後5時ごろで調整している。閣議出席については、首相は与謝野氏に「ぜひ出たい」と伝え、同氏は面会後「(可能性は)極めて高い」と記者団に語った。会見も閣議出席も、24日午前の担当医による回診の結果を見た上で、最終判断する方針だ。


<安倍首相>24日病院で辞任会見へ
9月23日20時44分配信 毎日新聞

 与謝野馨官房長官は23日、「首相は記者会見の意欲を持っている。医師団の判断で『できる』となれば、明日の夕刻、病院での会見になる」と述べ、安倍晋三首相が24日、入院先の慶応大学病院で辞任会見を行う方向で調整していることを明らかにした。面会時に、首相側から会見を開きたいとの意向が伝えられたためという。


総辞職閣議は「ぜひ出たい」、安倍首相24日病院会見へ
9月23日20時19分配信 読売新聞

 安倍首相が24日に入院先の東京・信濃町の慶応大学病院内で記者会見を行う方向で調整していることが分かった。

 与謝野官房長官が23日、首相と面会後、記者団に明らかにした。担当医による24日午前の診断結果を踏まえて最終決定する。

 首相の記者会見の意図について、政府関係者は23日夜、「首相は病気について自分の口から説明していない。辞めるに至った理由を改めて記者会見で話すということだ」と語った。

 首相は自身の後継となる自民党総裁を決めた23日の党両院議員総会を欠席。その後、午後4時過ぎから病院内で与謝野長官と約5分間面会した。与謝野長官によると、首相は総裁選に関しては一切、感想を語らなかったが、内閣総辞職を決める25日の閣議には「是非出たい」と意欲を示したという。


安倍首相が24日夕に会見、医師の許可が条件=官房長官
9月23日19時59分配信 ロイター

f0013182_2113494.jpg [東京 23日 ロイター] NHKによると、与謝野馨官房長官は23日、安倍晋三首相が24日夕方に会見を開く意向を持っていることを明らかにした。医師が許可すれば24日午後4時か5時ごろ、東京新宿区の慶大病院内で会見する。
 また、安倍首相は25日午前に開く予定の内閣総辞職のための閣議出席に強い意欲を示しているという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-23 21:56 | 政治  

<< 中国「ハト派」福田総裁に強い関... 飯島愛さん、ブログは引退せず?... >>