自民党役員・閣僚人事、挙党体制を=古賀元幹事長

9月23日17時36分配信 ロイター

 [東京 23日 ロイター] 自民党の古賀誠元幹事長は23日、自民党総裁選挙後に党本部で記者団に対し、新たに自民党総裁に就任した福田康夫元官房長官が行う自民党役員や内閣の人事に関して挙党体制と適材適所を求めた。

 古賀元幹事長は福田体制下での人事について「挙党体制と適材適所を考えてほしい。福田新総裁の自らの考えで、しっかり人事を配置してほしい」と述べた。

 古賀派として福田氏支持を打ち出していたことに関して「福田候補の政策が最も共有できた」と述べた上で、今後について「自民党・日本の政治の危機であり、どういう立場であってもしっかり支えていく。自分で果たせる役割があるなら、一緒になって支え抜く」と力を込めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-23 17:36 | 政治  

<< 福田新総裁、派閥推薦は受け入れ... 食品値上げ 食卓に影響じわり ... >>