仏フィガロ紙、「福田康夫氏優勢」の記事に麻生氏の写真

9月23日20時55分配信 読売新聞

 【パリ=林路郎】フランスの有力紙フィガロが22日に掲載した「日本の首相に福田康夫氏が優勢」との分析記事に、誤って麻生太郎・自民党幹事長の大きな写真が使われるハプニングがあった。

 福田氏が23日に自民党総裁選に勝利した後も、同紙のウェブサイトでは「新総裁」として麻生氏の顔写真が掲載された。

 紙面やサイトで使われたのは、AP通信が「麻生氏」として配信した写真。ところが写真説明は、「福田氏は、国だけでなく党を救う人物となるべく立候補している」となっていた。

 欧州では、安倍首相の退陣表明直後から、「後継は麻生氏が有力」との主要通信社の報道が相次ぎ、同紙の編集者の脳裏に麻生氏の顔が刷り込まれ、手違いが生じた可能性もある。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-23 20:55 | 政治  

<< 「射撃手」麻生氏、3度目の自民... 「日本を犠牲にせず」米国務長官... >>