<福田新総裁>25日組閣 財務、厚労相ら留任へ

9月24日3時2分配信 毎日新聞

 福田康夫・自民党新総裁は23日、新政権の党役員、閣僚人事に着手した。国会開会中との理由から安倍改造内閣の閣僚の大枠は維持する方針で、額賀福志郎財務相、舛添要一厚生労働相、泉信也国家公安委員長の再任が固まった。また、テロ対策特別措置法延長問題にあたる高村正彦防衛相、民間から入閣した増田寛也総務相も再任の方向だ。

 自民党幹事長には二階俊博総務会長を推す声が出ており、24日に調整する。内閣の要の官房長官は町村信孝外相の横滑りか、与謝野馨官房長官の再任のいずれかの線で検討が進んでいる。

 福田氏は23日の記者会見で小泉純一郎前首相、安倍晋三首相と同様、人事で派閥の推薦を受けない考えを示し「全員が参加して協力し合う態勢を作りたい」と述べ、挙党態勢実現に強い意欲を示した。麻生太郎幹事長については、幹事長以外の党・内閣の重要ポストでの処遇が検討されている。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-24 03:02 | 政治  

<< “造反”太蔵議員は「麻生氏に投票」 経団連会長ら、25日から訪中・... >>