<谷垣政調会長>2010年代半ばに消費税引き上げを

9月25日1時15分配信 毎日新聞

 自民党の谷垣禎一政調会長は24日夜、テレビ朝日の番組に出演し、2010年代半ばの早い時期に消費税率を10%程度に引き上げ、全額を社会保障目的税に充てるべきだとの認識を示した。昨年の党総裁選で表明したが、同番組で「(主張に)変わりはない」と語った。ただ、「最初から消費税ありきではいけない。経済を良くして税収を上げたり、他の税金のあり方とも合わせて考えたりしないといけない」とも付け加えた。

 自民党の福田康夫総裁も15日の記者会見で、基礎年金の国庫負担引き上げの財源に関連して「消費税を含めた手段を考えることは当然必要になる」と、税率引き上げの可能性に言及している。【堀井恵里子】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 01:15 | 政治  

<< ミャンマー僧侶デモ10万人に、... 薬師寺回廊が完工、参列者ら渡り... >>