官房長官「容易でなかった」=与謝野氏

9月25日11時1分配信 時事通信

 与謝野馨官房長官は25日午前の内閣総辞職後の記者会見で、安倍内閣のスポークスマンとしての約1カ月間について「国民にその日のことについて事実と情報を提供するのは、民主主議の基本として極めて大事だが、容易ではなく、間違えてはいけないと言い聞かせながらやってきた」と振り返った。その上で「このつらい仕事から解き放たれ、ほっとするだろうということは容易に想像できる」と語った。

 また、与謝野氏は安倍改造内閣がわずか1カ月で総辞職に至ったことに関しては「歴史家の方々にご評価いただきたい」と述べるにとどめた。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 11:01 | 政治  

<< 安倍内閣が総辞職、歴代7番目の... <ミャンマー>デモの武力鎮圧を... >>