古賀選対委員長 靖国神社問題は解決の必要あり

9月25日17時10分配信 毎日新聞

f0013182_17553069.jpg 自民党の古賀誠選対委員長(日本遺族会会長)は24日、党本部での就任記者会見で、靖国神社問題について「福田(康夫)総裁と私は全く同じ方向だ」と述べ、A級戦犯合祀(ごうし)により生じている問題を解決する必要があるとの認識を示した。福田氏は官房長官時代、国立追悼施設の建設に関する論議を進めたことがある。【竹島一登】
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 17:10 | 政治  

<< ヤンゴンで大規模デモ再開=当局... 安倍首相が陳謝…辞任表明は「最... >>