福田内閣 発足へ…25日夕、首相に指名

9月25日17時10分配信 毎日新聞

f0013182_17591930.jpg 自民党の福田康夫総裁(71)は25日午後、国会での首相指名選挙を経て第91代、58人目の首相に就任する。衆院では福田氏、与野党勢力が逆転する参院では民主党の小沢一郎代表がそれぞれの本会議で指名。憲法の規定により福田氏が最終的に指名される。福田氏はただちに組閣作業に入り、同日夜に自民、公明両党の連立による福田新内閣の閣僚名簿を発表する。安倍改造内閣の発足後間もなく、臨時国会開会中であることから、多数の閣僚は再任される。総裁選で戦い処遇が焦点となっていた麻生太郎前幹事長に福田氏は入閣を要請したが、麻生氏はこれを固辞しており、調整が続いている。



 福田氏の父赳夫氏も76~78年に首相を務めており、憲政史上初の「親子首相」が誕生する。

 衆院本会議では多数を占める自民、公明両党などが福田氏に338票を投じ首相に指名。これに続く参院本会議では、第1回投票で小沢、福田氏とも過半数を獲得できず、2人による決選投票となり、野党4党が一致して小沢氏を指名。衆参各院が別の指名をしたことに伴い、両院協議会が開かれるが、最終的に憲法の規定により衆院の議決が優越、福田氏が指名される。

 首相指名が衆参各院で異なるのは憲政史上4回目。直近では98年、衆院で小渕恵三・自民党総裁、参院で菅直人・民主党代表(ともに当時)をそれぞれ首相指名しており、今回は9年ぶり。

 福田氏は同日夜、首相官邸への閣僚の呼び込みを始め、これを受けて官房長官が新たな閣僚名簿を発表する。皇居での認証式は26日午前にずれこむ可能性もある。

 閣僚人事について福田氏は25日記者団に対し、、総裁選で戦った麻生氏に「協力してほしい」と入閣要請したが、麻生氏から「自分も長く要職を務めている。しばらく休ませてほしい」と固辞されたことを明らかにした。福田氏はさらに、麻生氏への要請をぎりぎりまで続ける考えを示した。

 一方、内閣の要となる官房長官に、福田氏の出身派閥の町村派会長の町村信孝外相(62)を充てることがすでに内定。公明党の冬柴鉄三国土交通相(71)のほか、安倍改造内閣で入閣した津島派の額賀福志郎財務相(63)、無派閥の舛添要一厚生労働相(58)、二階派の泉信也国家公安委員長(70)、民間入閣の増田寛也総務相(55)の再任が固まっている。町村氏の官房長官起用に伴う外相人事が焦点。高村正彦防衛相の横滑りが浮上している。【川上克己】

 ◇両院協議会 首相指名や予算案、条約などで衆参両院の議決が異なった際、両院の意見を調整する機関。首相指名選挙について両院の議決が分かれた場合、国会法の規定で参院側が両院協議会を求めなければならない。両院が選出する各10人の協議委員が話し合い、その結果を衆参両院に報告する。協議会で意見が一致しなかった場合、憲法の規定で衆院の議決が国会の議決となる。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-25 17:10 | 政治  

<< ヤンゴンで大規模デモ再開=当局... 安倍首相が陳謝…辞任表明は「最... >>