解散はサミット後=武部自民元幹事長

9月26日17時2分配信 時事通信

 自民党の武部勤元幹事長は26日昼、党本部で開いた若手衆院議員との選挙塾「新しい風」の例会で、衆院解散・総選挙の時期について「北海道洞爺湖サミットまでの政治日程の空白は許されない。しかし、その後は民意を問わなければならない状況がいつ来てもおかしくない」と述べ、サミットが開催される来年7月以降になるとの見方を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-26 17:02 | 政治  

<< 時津風親方 「通常のけいこ」一... ランカウイ島の海底水族館に毒物... >>