拉致解決へ協力要請=中山補佐官がヒル次官補に

9月26日17時2分配信 時事通信

f0013182_18261798.jpg 中山恭子首相補佐官(拉致問題担当)は26日午後、北朝鮮の核問題に関する6カ国協議の米国の首席代表を務めるヒル国務次官補と、シーファー駐日大使と首相官邸で会談した。



 この中で中山氏は「拉致被害者が人質の状態にあることは継続しているテロだと考える」と、拉致問題を重視する日本の立場を説明。中山氏によると、ヒル次官補は「拉致問題の解決なしに、北朝鮮のテロ国家指定を解除することはない」と述べたという。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-26 17:02 | 政治  

<< 時津風親方 「通常のけいこ」一... ランカウイ島の海底水族館に毒物... >>