強気の民主、政策で妥協せず=公約の法案化指示-小沢代表

9月26日21時0分配信 時事通信

 福田康夫首相が積極的な姿勢を示している与野党の政策協議に関し、民主党は「話し合いには応じる」(幹部)としながらも、安易な妥協はしない方針だ。参院選で同党のマニフェスト(政権公約)が国民から支持されたと判断しているためだ。小沢一郎代表は26日、公約に掲げた「子ども手当」など目玉政策の法案化を急ぐよう指示した。



 「(公約で前面に掲げた)『3つの約束・7つの提言』は、できるだけ法案にして提出できるよう骨を折ってほしい」。同日、同党の「次の内閣」に珍しく顔を見せた小沢氏は、子ども手当や農家への「戸別所得補償制度」など公約の柱に据えた政策について法案化を促した。11月10日の会期末をにらみ、期限も「10月半ばまで」と明示した。

 また、小沢氏は「自民党は民主党に近寄るようなことをやろうとしているが、(自民党には)官僚が付いているからどうせできっこない」との見方を示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-26 21:00 | 政治  

<< <ミャンマー>デモ弾圧 軍事政... <渡海文科相>競争原理の導入に... >>