高須国連大使に謝罪=ミャンマー

9月28日10時2分配信 時事通信

 【ニューヨーク27日時事】日本の高須幸雄国連大使は27日、ミャンマーの国連大使に対し、同国治安部隊による発砲を受けてジャーナリストの長井健司さんが死亡したことは「非常に遺憾だ」と伝達した。ミャンマーの大使は「政府は日本人が亡くなったことを確認していないが、もし本当であれば、心から申し訳ない」と述べた。

 国連本部で東南アジア諸国連合(ASEAN)非公式外相会議が開かれた際、高須大使がミャンマーの大使と会った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 10:02 | 政治  

<< 予断許さぬミャンマー情勢 大規... 仏教は“ロハス”――築地本願寺... >>