国民と直接対話を、福田首相が指示

9月28日15時1分配信 時事通信

 福田康夫首相は28日午前の閣僚懇談会で、各閣僚に対し「できるだけ国内に出掛け、率直に国民の声を聴いて政府の考えも述べる機会をたくさんつくってほしい」と述べ、国民との直接対話に努めるよう指示した。

 首相はこの後、自らも全国各地に出向くかどうかについて「全般を見て物事を進めることを中心に考えているので、もう少し時間を置きたい」と記者団に語った。
[PR]

by deracine69 | 2007-09-28 15:01 | 政治  

<< 本紙通報員を連行 ミャンマー軍政 ミャンマーでの日本人死亡で、真... >>