<塩崎元官房長官>代表務める党支部、寄付金24万円返還

10月2日21時3分配信 毎日新聞

 塩崎恭久元官房長官が代表を務める自民党愛媛県第1選挙区支部が、農水省が補助金を出している企業から計24万円の寄付を受けていたことが分かった。塩崎事務所は「政治資金規正法に触れる可能性もある」として全額返還した。

 政治資金収支報告書によると、JA全農えひめグループの「えひめ飲料」(松山市)が04年11月と06年6月に12万円ずつ寄付。同月、同社の求めで全額返還し、先月19日に同報告書を訂正した。

 政治資金規正法では、国からの補助金(試験研究などは除く)などを受けている会社は、交付決定の通知から1年間、政治活動に寄付することを禁止されている。同社は「試験研究で農水省の補助金を受けているが、グループ全体だと試験研究以外の補助金があるかもしれないので返金してもらった」としている。【藤田健志】
[PR]

by deracine69 | 2007-10-02 21:03 | 政治  

<< <首都直下地震>応急住宅、最大... 伊吹幹事長、「12月15日」を... >>