高村外相 対北朝鮮制裁の半年延長を示唆

10月3日10時17分配信 毎日新聞

 高村正彦外相は2日、毎日新聞などのインタビューに応じ、今月13日に北朝鮮に対する日本独自の経済制裁の期限が切れることについて「制裁を解除できるほど北朝鮮側が変わったと思えない」と述べ、さらに半年間延長すべきだとの考えを示した。拉致問題に進展が見られない中、「圧力」を継続する必要があると判断したものだ。

 延長されるのは、北朝鮮からの全品目の輸入禁止、北朝鮮船舶の全面入港禁止、北朝鮮国民の原則入国禁止など。昨年7月の北朝鮮によるミサイル発射と、同10月の核実験を受けて実施してきた。【中澤雄大】
[PR]

by deracine69 | 2007-10-03 10:17 | 政治  

<< レディオヘッド、新作を公式サイ... 藪中審議官が帰国 >>