猪瀬副知事と共産都議が“場外乱闘” 本会議終了後の控室で

10月5日18時11分配信 産経新聞

 東京都の猪瀬直樹副知事が、格差是正に関する持論を共産党から都議会で批判され、「発言を曲解するな」などとやり返した問題で、同党の村松みえ子都議は5日、都議会最終日の討論で猪瀬副知事について「質問にまともに答えず、副知事としての資質が問われる」などと反撃した。これに腹を立てた猪瀬副知事は共産党の控室に乗り込み、「倍返しにするから」と再び応酬。双方のバトルは“場外乱闘”にまで発展した格好だ。

 都議会最終日のこの日、村松都議は格差是正問題への批判に、猪瀬副知事が「共産党はぼくの発言の一部を切り取って曲解しているようだが、批判は全く的はずれだ」などと述べたことに言及。「猪瀬副知事はわが党の質問にまともに答えていない。本当に不誠実。公正、誠実に任務を遂行すべき副知事としての資質が改めて問われている」と厳しく批判した。

 本会議終了後、共産からの思わぬ反撃に腹の虫が治まらない猪瀬副知事は、あいさつがてら共産党の控室に出向き、居並ぶ同党都議らに鋭い視線を浴びせながら「倍返しにするから」。

 売られたけんかは買う-。“猪瀬流”が都政の中で徐々にその姿を見せ始めた。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 18:11 | 政治  

<< ダライ・ラマ14世、亡命政府の... 主要週刊紙、発行中断=情報遮断... >>