政権取れば国連部隊に参加=テロ対策で論文寄稿-小沢氏

10月5日21時1分配信 時事通信

 民主党の小沢一郎代表は9日発売の月刊誌「世界」に、インド洋での海上自衛隊の給油活動継続問題に関する論文を発表する。論文では給油活動に反対する理由を改めて説明する一方、国連決議に基づいてアフガニスタンで活動する国際治安支援部隊(ISAF)について「私が政権を取れば参加を実現したい」と明記している。

 論文は「今こそ国際安全保障の原則確立を」と題し、国連関係者の論文への反論の体裁を取っている。政府の新テロ対策特別措置法案の国会提出を前に、ISAF参加を「対案」として示すことで、政権担当能力をアピールする狙いもありそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 21:01 | 政治  

<< <拉致被害者家族会>官房長官と... 「総選挙実施か否か」=野党追い... >>