<自民>古賀選対委員長、過半数維持できねば議員辞職

10月5日22時6分配信 毎日新聞

 自民党の古賀誠選対委員長は5日、京都市内であった郵政造反落選組の元同党衆院議員会合であいさつし、次期衆院選について「自ら政治家としての退路を断つ決意で(選対委員長)を仰せつかった。27年の政治活動の総決算として、この職をまっとうする」と述べ、与党で過半数を維持できなければ議員辞職する考えを示した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-05 22:06 | 政治  

<< スー・チーさん、軍事政権主導者... 北朝鮮技術者3人死亡 シリアの... >>