NHK経営委員長、「選挙中は慎重に」で釈明=民主、人事に不同意も

10月10日13時2分配信 時事通信

 NHK経営委員会の古森重隆委員長(富士フイルムホールディングス社長)は10日午前、民主党の政調部門会議に出席、選挙期間中は歴史物などの放送を慎重に行うようNHKに求めたことについて、「一般論を言っただけで、個別の番組に注文を付けてはいない」と釈明したが、民主党側からは批判が続出した。

 古森委員長は9月11日に開かれた経営委員会で、「選挙期間中の放送については、歴史物など微妙な政治的問題に結び付く可能性もあるため、いつも以上にバランスに注意してほしい」と要請していた。

 一方、この日の会議では、衆参両院の同意が必要なNHK経営委員人事について、民主党関係者から「今後同意しない場合もあり得る」との意見も出た。




<民主党>NHK経営委員長の発言でヒアリング 
10月10日12時26分配信 毎日新聞

 民主党は10日、同党会議にNHKの古森重隆・経営委員長らを呼び、ヒアリングを行った。古森委員長が9月の経営委で選挙期間中の番組に注意するようNHK執行部に求めたことが取り上げられ、同党議員から「経営委には番組内容まで踏み込む権限はないのでは」「社会の公器に対する認識が足りない」と批判が噴出した。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 13:02 | 政治  

<< さらばジャンボ 燃費に難、世代交代へ <オノ・ヨーコさん>「イマジン... >>