福田首相側へ4百万寄付、国事業受注の2社・衆院選直前に

10月10日14時7分配信 読売新聞

 福田首相が代表を務める自民党群馬県第4選挙区支部が、国から公共事業を受注していたジャスダック上場の設備工事会社「藤田エンジニアリング」(群馬県高崎市)とグループ会社から2003、05年の衆院選前に計400万円の寄付を受けていたことが分かった。

 民主党の馬淵澄夫衆院議員が10日の衆院予算委員会で指摘した。公職選挙法は、国と契約している業者から国政選挙に関して寄付を受けることを禁じているが、この設備工事会社の会長は、同支部の会計責任者も務めていた。

 同支部では、国と契約を結んでいた他の2社からも公示日前後に計220万円の寄付を受け、発覚後に返金しており、問題のある寄付は返金分も含め計4社、620万円となった。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-10 14:07 | 政治  

<< 中国で麻薬密輸の邦人被告の死刑確定 対ミャンマー援助で日本政府が困... >>