「剛腕」に期待と警戒交錯 古賀選対委員長、全国行脚へ

2007/10/7 中國新聞

 自民党の古賀誠選対委員長が、次期衆院選に向け連休明けから全国行脚に乗り出すなど活動を本格化させる。郵政造反組と“刺客”議員の公認調整は難航必至で、混乱の火種。党内では古賀氏の「剛腕」への期待と、権限拡大に対する警戒感が交錯している。

 「参院で与野党が逆転した。来るべき総選挙は、わが党の命運を懸けた選挙になる」。古賀氏は五日、党本部で開かれた選対委初会合で危機感をにじませながら決意表明。同日夜には「与党が過半数を割れば議員辞職する覚悟」と踏み込んだ。

 古賀氏は選対委発足に当たり、古賀派に所属しながら党総裁選で麻生太郎前幹事長を支持した前選対総局長の菅義偉氏を副委員長に起用。選対委メンバーに各派閥の事務総長クラスを入れた。さらに「無派閥議員の意向を無視できない」(同委幹部)として石原伸晃前政調会長を加え、挙党態勢をアピールした。

 九日からは地方行脚を始め、年内に四十七都道府県連を順次訪問し実情を聴取する方針。公明党の地方組織も訪れるなど精力的に動く構えだ。

 ただ古賀氏が「選挙関係の実権を幹事長から分離した」(党幹部)とされる選対委員長ポストを手にしたことに、党内では「幹事長の頭越しに何でもできると思ったら大間違い」(閣僚経験者)などと警戒する声も根強い。

 古賀氏は五日夜、二〇〇五年の衆院選京都4区で落選した郵政造反組の田中英夫元衆院議員の会合に出席。古賀氏の「師」で政界引退した野中広務元自民党幹事長や、当選した郵政造反組で復党していない平沼赳夫元経済産業相らが同席した。

 事前に古賀氏から出席を伝えられた伊吹文明幹事長は「友人としての出席ですね。政治的発言は駄目ですよ」とくぎを刺したが、古賀氏は会合で「田中先生のご活躍の場が出てくるだろう」とあいさつ。「復党組や落選組を公認するつもりか」と憶測を呼んだ。

 会合に同席し、古賀氏に近い造反復党組の野田聖子元郵政相が党広報局長に就任した「復権人事」も党内で波紋を広げている。古賀氏自ら「悩ましい」と漏らす公認調整だが、党内のあつれきは日増しに強まりそうだ。
[PR]

by deracine69 | 2007-10-07 23:59 | 政治  

<< ファーストレディーが交代 道、... ミャンマー軍政、拘束の僧侶や市... >>